お役立ち情報 ハワイ新禁煙法と飲酒について

タバコを吸っていい場所いけない場所。お酒に関するルール。

ハワイで施行されている新禁煙法とは何ですか?

新禁煙法マーク 2006年11月16日より、ハワイではHealthy Air and Workplace Law(新禁煙法)が施行されています。
非喫煙者の健康を喫煙者の副流煙の害毒から守り、クリーンな環境を作るという目的で制定されました。
これまでと違い、禁止場所を知らず喫煙すると、個人で最大50ドル、企業で最大500ドルの罰金刑が科せられますので、よく注意しておきましょう。 禁止場所は左上のマークによって示されますが、貼られていなくても、法律によって定められた場所がありますので、頭に入れておいてください。その内容を下記に示しました。

喫煙禁止場所はどんなところですか?

レストラン、バー、ナイトクラブ
ショッピングセンター
空港、公共交通機関(バス、タクシー)
ホテルのロビー、通路等
スポーツ・アリーナ、屋外アリーナ、スタジアム、円形競技場等の座席部分
チャイルドケアや介護施設に使用している個人の住居
 などです。
また、上記の場所の出入り口より20フィート(約6m)圏内も禁煙区域となります。 つまり、禁煙区域の近くでも吸ってはいけないので注意です。 ホテルは、上記のロビーと通路になっていますが、全面禁煙のところも多くなっています。

では、喫煙してもいい場所は?

屋根や壁に囲まれない屋外
(公園、ビーチ、歩道など。海洋生物保護地区指定のハナウマ湾を除く。)
ホテルなどの宿泊施設の喫煙ルーム
(客室の20%まで喫煙可能室とすることが可能。喫煙可能なスペースを提供するところも。)
ホテル、ショッピングセンターなどに設置された喫煙エリア
空港の屋外に設置された喫煙エリア
個人の住居 など

ハワイで飲酒可能な年齢は?

21歳以上から飲酒が可能です。(20歳以下は不可で、日本と違います。)
年齢をチェックするために身分証の提示を求められることがあります。 日本人は、若く見られがちなので年齢を証明するものを持ち歩いたほうが良いかもしれません。 パスポートくらいしかないと思いますが、無くさないようにしましょう。

飲酒不可能なエリアがある

ハワイでは、公共の場での飲酒が禁じられています。
公園や海水浴場でビールを飲んで騒ぐことができる日本とは大きく違いますね。
ビーチで横たわりながら飲酒していると、罰金になることがあります。 また、酔ってワイキキの街をふらふら歩いていると逮捕されることがあるので、注意しましょう。

 

お得にハワイへ

クレジットカード活用で無料のハワイ旅行

毎月の経費や出費をクレジットカードで払いながら、マイルを貯めてハワイへ。 編集室のわたるがお勧めするクレジットカード活用法。 何とかお得にハワイへ行きたい人はぜひ読んでみてください。


その他、格安ツアーを選ぶ方法もあります。

お得な航空券・ツアー情報

このページでは、ハワイの格安航空券を販売する旅行会社を紹介します。

旅行は英語で

ハワイは、日本からの移民が多い事もあって日本語が通用しやすいのですが、現地ではみんな英語で話しています。だから、やはり自分も話せたら、もっと旅が楽しくなるでしょう。

英語力Upのプログラム

このページでは、幾つかの英語上達プログラムをピックアップしてみました。

 

 

広告募集

ハワイアンビュードットネットでは、広告を募集しております。またホームページ作成サービスもございますので、ぜひお問い合わせください。

アメリカの子供服

ベビースウィーティ

かわいいアメリカの子供服を販売するハワイ発のネットショップ。