ハワイの交通機関 ザ・バス/トローリー/タクシー

オアフ島の人気観光スポットをご紹介します

The Bus ザ・バス (オアフ島唯一の公共交通機関)

鉄道の無いハワイでは、交通手段として車かバスを利用します。日本のようにバイクや自転車は殆ど走っていません。

オアフ島内を走る唯一の公共交通機関として存在するのが「ザ・バス」。オアフ島内の主要道路を押さえたルートを持ち、 そのルート数は80以上あります。料金は、オアフ島ならどこまででも2ドル($2)。

左の写真のようにバス停があって、黄色の表示(左下写真)となっているので、よく目立ちます。 ワイキキやダウンタウンには、ほぼ2ブロックごとに停留所があり、細かい移動もしやすくなっています。

乗り換えも可能で、バス乗車時に、「乗り換えチケットください(トランスファープリーズ)」と言えば、 チケットがもらえます。(降りる時はダメみたいで二時間以内が乗り換え有効で、乗り換えチケットにもその時間が示されています。 (時間帯が記されたチケットを破いて時間限定)

あと、バスに乗りたいときはしっかり手を上げて、また降りたい時は中にある綱を引っ張れば、「ストップリクエスト」サインが点灯します。

英語オンリーですが、Webサイトは、こちら http://www.thebus.org/ です

トローリー・バス (ワイキキを中心にショッピングと観光に有効です!)

ワイキキ周辺の移動、観光、ショッピングにはワイキキ・トローリーを利用すると便利です。
写真のような遊園地で走っているようなおしゃれで開放的なバスで、レッド、ピンク、ブルー、イエローなどルートによって色分けされています。

<ピンクライン> ワイキキの主要ホテルとアラモアナセンター、ロイヤルハワイアンショッピングセンター間を結ぶライン。でショッピングに有効!

<レッドライン> 観光ライン。ホノルル動物園、イオラニ宮殿、ビショップミュージアムなど主要観光ポイントが停留所になっています。

<ブルーライン> ワイキキから海岸沿いを東へ走るライン。ワイキキ水族館、ハナウマ湾、潮吹き穴、シーライフパーク、ダイヤモンドヘッドなど。

<ワイケレライン> 60以上のショップやレストランが集まるワイケレセンター/ワイケレプレミアムアウトレットとワイキキを結ぶ専用ライン。

その他、ローカルも利用するカイムキ・カパフル・ワイキキトローリーもあります。 詳しくは http://www.waikikitrolly-jp/com (日本語)

 

TAXI タクシー (短い移動には利用したい)

システムが整っていて、安心して利用できます。

初乗り$2前後、1/8マイル毎に30セントずつUp。運転手へのチップは、料金の15%を目安にし、荷物を運んでくれた時には1個につき$1を。 また、ホテルなどでタクシーを手配してくれた人にも$1のチップを忘れずに。

日本語が通じなくても住所を書いた紙でわかってもらえます。

 

 

広告欄

レンタカーも出発前に予約できるから安心!

バス、タクシー、トローリーなどの交通機関に加え、レンタカーは更にプライベートな旅を演出します。

ノースウェスト便の検索と予約、パッケージツアーやホテルの予約もできます。[ノースウェスト・ワールド・バケーションズ]

 

 

広告募集

ハワイアンビュードットネットでは、広告を募集しております。またホームページ作成サービスもございますので、ぜひお問い合わせください。

アメリカの子供服

ベビースウィーティ

かわいいアメリカの子供服を販売するハワイ発のネットショップ。